2006年06月08日

反省材料

去年からFXの世界に入っているんですが,失敗したな〜ってことを
書き出していこうと思います。

自分は,失敗はするもんだ,と思ってます。いかにそれを訂正していくかが
最も重要なことだと思います。一つ一つ失敗した原因を明らかにしなきゃ。

@損切り
最近になってようやく損切りを少しずつできるようになりました。
というか,最近は,いつもOCO注文で出しているからかなぁ。
基本は,損は小さく利幅は大きく。STよりもPTのほうを大きくとっている
または,STはしているが,PTはない場合もあります。

Aわからない通貨に手を出さない。
以前,NZDで手痛い思いをしました。AUDも釣られて下がったりと・・
通貨同士の関連性なども全然知らずにやってました。

通貨ペアの一日のボラティリティ,流動性,特性,ファンダメンタル,
テクニカルなど考える事はたくさんありますので,二つ以上わからないものは
手をださない,または最小の投資でじっくり勉強するべきだと思いました。

Bむやみに買わない
少し儲かると,もっと買いたくなるんですよね。
Aとも通じますが,買いたくなるからといって,むやみと手を広げては
だめですね。儲かるときはいいんだけど,含み損しだした時に,なんだか
耐えられなくなってしまいます。「負けない運用」を目指します。

C積極的に買うものをヘッジするペアを半数は入れておく。
ヘッジするペアを見つけること自体難しいですが,チャートでなんとなく
程度です。

D売買の記録を残す。
しっかりできてません,泣。
これができてないと自分のパターンを分析できませんもんね。
どういう根拠で売買したのか・・・これを大事にしていきたいです。
posted by manaty at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 反省録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

ケアレスミス

やってしまいました。
STの指値をいれずに注文を出してしまいました。
最悪。

GBP/AUDに注文を入れっぱなし(←これにも気づかず)
しっかり約定、約3円くらいの急落。泣きそう。

GBPは結構安くなってしまっていたんで心配したんですが、
ファンダメンタルもよくなってきているAUDにやられました。
前回安値で指値して、だめなら損きりです。泣きそう。

それにしても、ケアレスミスでやられていることが最近多い
と思う。ということはケアレスミスを無くせば、勝率があがりそうな
予感。頑張れ自分!!

今回はうまくいったのは、84円付近で買った豪ドルを、85円半ばで手仕舞ったこと。
約3万くらいゲッツ。

今は、ポンドスイス・・・さがってきているけれど、直近安値で保持。
1円幅とれたら利食いを入れる予定。50銭幅落ちらたら損切りしよっと。

ポンドオージーにはすでに10数万やられている気がする・・・泣。
これは明らかにケアレスミスが原因。最初は小さくいれていくっきゃない。

ユーロハンガリー、ユーロポーランドは相変わらず値動きが激しい。
はっきりいって最低ロット数で保持。これらはたぶんスワップを稼いで
くれている。

ポンド円も今はうまくいっている。ポンド211円ショート。211円を超えてきたら50銭程度でSTを置いている。209円後半付近で半分程度利益確定。1万円くらいかな?できれば213円程度まで上がって、ガツンと下げてくれるとうれしいのに。

ショートはかなりスワップとられているので、あんまりもっていたくないポジションだけど、ポン円は今あんまり動かないし。三角持合で直下降しないかな〜。

ドル円は114円でもっているけど、さげそうっすよね。
いってくれれば50銭程度いってほしいけど、30銭くらいにさしておこうか・・・損きりするにもどこにおけばいいのか分からないペア。
手を出すべきではなかったと思っているので、損切りよてい。


結構分かりやすいペアを見つけるって難しい。
でもチャートをみて小さくやっていくしかないっすね。
もちろんファンダメンタル分析して。

今度からいくらで買ったか残していこうかなぁ。
いくらで買っていくらで売って、何を根拠に買って、何を根拠で
売って、何で儲かったのか、何で損したのか・・・これを見つけるために。


投資は自己責任ですな。
自分のやり方を見つけていくしか結局道がないですもん。

posted by manaty at 18:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 反省録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

やられまくり

はぁ、どんどん目減りしてるよ〜。
困った。

今回の売買では
GBP/DKKが大きくやられた模様。
今日急にあがっちゃってんすよ。
何があったんだか・・・

ポジションは1,085で1枚,1089で1枚の2枚ショートポジションでしたが,
1,091でストップつきました。
締めて9万程度の負け。確かにエントリーが悪かったな〜とは思っていたものの・・・。はぁ。

さて今回の敗因はというと
@エントリーのタイミングが非常に中途半端なところだったこと。
ボリンジャーバンド線上あたりでもなく、移動平均やなにか指標が反転していたわけでもなかった。
試し売りだったが、あっというまに蹴散らされてしまった。
ポンドは怖いなー。
でも61.9%あたりで反落すると踏んで、もう一度ショートのポジション一枚作成予定。
駄目なら本当に撤退です。
Aデンマークのファンダメンタルをあまり知らないことも失敗の原因。
わからないものには手をだすな・・・といいつつリベンジしようとする。

次にEUR/HUF。
これもエントリーのタイミングが非常に悪かった例。
261で売って、267で損切り。
損切りラインは前回日足高値に設定すべきだったか・・・
HUFはボリンジャーを突っ切ってかなり伸びるので、要注意すべきでした。長期でもっているつもりだっただけに大失敗。

逆に少しうまくいったのがGBP/CHF。
しかし、206で買って、207で利食った程度。
損大利小になってしまった。悲しい。

現状はUSD/JPY売
   GBP/USD売
   GBP/JPY売
   GBP/AUD買
   EUR/PLN売

手を出すときは,超短期で中途半端なところか、一日もたすなら
すくなくとも、ボリンジャーのライン近くまで待つべし。
損きりラインが利食いラインより大きくなっちゃったら意味ないから
よくかんがえなきゃいけませんね。

そろそろAUDには落ちてもらいたいところ。
USDもそろそろ調整にならないかなぁ
posted by manaty at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 反省録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

やってしまった

はぁ,最近一気に戻したところからあっというまに資産が消えていっています。一つ一つ失敗から学んではいるところですが,金額の大きさにかなりめいってきました。

今回の失敗は,ドル円ショート・・・超短期のディールのつもりがSTをこともあろうに下げてしまいました。最悪・・・
市場心理はドル上げ,トレンドも上げ,指標は若干ニュートラルな結果だったこと,1時間程度たっても10銭程度しか下げなかったこと。

今日の朝切ったのに、夕方みてみたらもどしとんやんけー。
高値圏で損きってました。ま、仕方ないよ。
精神力の弱さを理解。
今後は断固サクラギ決めた数字は守るでいきます。超短期ならね!!

そんでもって、ポンド円、ユーロポーランドの損きりラインを引き上げました。これは今はまぁ良かったのかなって感じですけど、これからどうなるか
わからないところが怖い。やっぱり短期のほうが恐怖心はもっておかないですむなこりゃ。
posted by manaty at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 反省録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

失敗の成功の素

利食いもあるんですが、最近は損きり出来てないだけな気がします。
やばいのは、EUR/PLN・・・どうしよう。
STを引き上げてしまったんですが,どこで損きりすればいいのかかなりパニック状態です。

昨日の成功の素
@EUR/PLNのSTを引き上げたはいいが、その後どこにSTを
置くのか決め切れなかったこと。非常にまずい!!

AいつもUSD/JPYで超短期をするんですが、昨日は指標発表日だったので、指標のそばに売りと買いの両方を置いていたら、両方ともついちゃって単に損しただけだった。ばかちん。
今後はどっちかのポジションをもっておいて、反応するようにしようと決めました。STはもちろん辛めにおいといて

BGBP関連で四苦八苦してます。GBP/AUDはいい感じなんですが,
GBP/JPYがなかなか厳しい。どちらも新値を試しそうなんで、
要注目。GBP/JPYは持合を上離れしたようにみえるんで、そこが
非常に心配です。我慢なのか・・・あきらめなのか

昨日は、USD/JPYとすぐに手仕舞ったんですが、その後10時半くらいからドル円が急落してるし、びっくり。
関連してGBP/USDも急騰。これに乗じてちょこちょこディールして利益はでましたが、持っていたかと思うと肝を冷やしました。

本当に何が大切かって、ポジションの建て方がやっぱり一番大事かなと思いました。プロではないんで、上がるか下がるかを高確率で当てることは難しい。ならば、戦略、戦法でもって対処していくしかないかなと。

現在USD/JPYについてはまったくどちらにいくのか分からないので
超短期以外手をだせない。EUR/JPYも同じ。
GBPは中期で上昇だとは思っているけど、そろそろ下げてくれないかなという相場観より強めにポジションをもっているが・・・・怖い

だいたいボリンジャーバンドー2σあたりをテクニカル的に参考にしてますが、GBPってあんまり信用ならんから、やめときゃよかったかなぁとすっごく不安。

なおかつEUR/PLNも含み損を着々と生んでいるんで、気分的には
いい加減になんとかならないか

ちょっと早めにポジションを持ちすぎかもしれない。ボリンジャーバンドを参考にするならば、−2σを陰線で離れてから買うほうが確実な気がしてきた。

投資は自己責任ですよね。はぁ〜



posted by manaty at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 反省録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月16日

テクニカルポイント

ストップロスを引き上げていいことはない!!
EUR/PLNで痛い目みました。
しかもHUFが格下げに会い,おもいっきりつれ安です。
あー、なんとか頑張ってましたが、損きりです。
というより損切られです。
自分なりのテクニカルポイントを信用したほうがよかったようです。

ということは、GBP/JPYも危険信号です。
はぁ、三角持合からの上はなれなんで、テクニカル的には
非常に強いかも・・・・
ファンダメンタル的にはGBPが金利を上げる、M&Aがあるということが
後押ししているくらいで、経済的には強くはないはず・・
113円くらいで高値をつけて、落ちてくれないと本当にまずいですが。
超えてきたらもう耐え切れないので損きりです。

為替はむずかしいなぁ・・・
楽しいんだけど、どうすればうまくいくんだろう??
「損小利大」を心がけているんだけど、「損大利小」になっている
今日この頃っていうか昔からか

資金もなくなってきているし、いままでよりもじっと我慢して慎重に
いかないといけなくなってきました。胃が痛いよ〜

実は資金がなくなってきていたから、損きりポイントをずらしちゃったんですよね。ということは、現在のポイントでは無理なポジションをもっちゃってたってことか・・・。
今は小さく小さく利を重ねようとしながら、一つ大きいの狙って取り戻そうと考え逆にまけちゃった感じ・・・

ポン円が一息ついたら、ポジション落として、出直しです。


今後の戦略としては、
@資金がないので、テクニカルで中途半端なものは買わない。
Aもちろんよくわからない通貨ペアには手をださない。
B短期的にまわしていくので、マイナー通貨にも手をださない。
C損きりのポイントはずらさない。
D「損小利大」をこころがける。

失敗は成功の素。
とっても苦しくて悩ましくて、悔しいですが、
実力がないので仕方がないです。

失敗を糧にがむばります。





posted by manaty at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 反省録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

調子がよくなると・・・

なぜか時価総額があがってました。
朝見たときは血の気が引いてましたが、ちょっと資産が戻ってくると
よさそうなポジションを持ちたくなる・・・

これってどうなんだろう???
負けパターン???
自分としては,ボリンジャーをメインで考えているんで、どうしてもボリンジャーの+−2σのところはテクニカル的に狙いたくなってしまいます。
というわけで、早速手を出してしまったのはCHF/JPY。

売りの根拠は
@CHFは最近金利を上げてしまったので、達成感から売り(でも金利は次も上げるかもしれないから微妙か・・・)
A最近売られている
Bテクニカル的に日足で上髭が三日間でていること
Cボリンジャーバンド+2σに位置していること
D高値圏なので,STを94円付近で設定。93円真ん中でショート
なので損切りの金額も小さくてすみそう。

売り否定根拠
@スイスはファンダメンタル的にはよい。(GDPもプラスだし)
A最近売られすぎているかもしれない(調整される可能性)
Bテロが起きたら買われるだろうな。(今日金曜だし)

両方の根拠がありましたが、最後はどうしてもテクニカルからショート
してしまいました。
本当は、MACDが反転したとか、オシレーター系から買われすぎだとか
DCを描いているとか、もっとシグナルをつかわなきゃいけないんでしょうが・・・今回はBBと日足のみで判断です。どうなるか・・・

今後は、もっとシグナルの数を重要してみたいと思いました。
とりあえず、4時間足なら反転してんだけどね〜。
どうでしょー???



posted by manaty at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 反省録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

またまたやっちゃったなぁ

よくわからないものには手を出さないと決めていたのに・・・
信用するプロの言葉につい・・・手を出しちゃった。
まぁ今回は、最小単位しか突っ込まなかったのが、成長の証といえるのではないでしょうか。

プロの方の指し示してくれる数字は結構ポイント間が小さいので、いっつも見れる立場なら臨機応変に対応できそうだけど、スイングだと難しそうです。なので、参考にするだけに決めました。自分の考えた数字と同じであればいいんだろうけど、なんでその数字より上ならいいのか、下ならまずいのか分からない場合は手を出しません。

それより最近はボックス相場なんで、小さいロットでやっている分には実はそんなに気にしなくてもよかったりしますよね。したがって、ストップの位置も少し広めにとって自信がでてきたら、ロット数を足し、ストップも地締めていくのがよいのかな、と思い始めています。

とにかく今回の教訓

どんなに信用できるプロの言葉も盲目的についていくな!
ということでした。

posted by manaty at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 反省録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

成長してないなぁ

はぁ,最近は後悔録になってる気がします。

今回の大失敗は,大きく下げた後に追撃で投資してしまったこと・・・
1時間足みて,短期売買です。でも、深く考えてなかったから
実に中途半端な売買。せっかく最近は順調に増えていたのに、またまた
一気に減らしてしまいました。
しかも,気づいたら,円安にもかかわらず、円買ペアばかりに・・・
今回の失敗を糧に

@追撃で投資する場合は,急落するところではなく,押し目をまって実践すべし。


A投資するときは,必ず,どういったペアになっているか,偏りがないかを確認しなければならない。

B損切りできる金額を先に決定して、エントリーする。自然とSTをどこにおくか,どのペアで勝負できるかがわかる。

Cレジスタンスのブレイクは日足でブレイクした場合を採用。または,時間足ならば,越えたまま2時間は,越えたところでとどまっているか,50銭は超えたところで投資するべし。

実は自分はCはポン円で失敗しました。211円を切ってきたので、これは・・・とおもって一気にいったら、一気に戻ってしまいました、泣。
相当レジスタンスが効いているのでしょうか・・・はぁ

@については、カナダドル円です。はっきりいってカナダドル円は,ファンダメンタルからいって,中長期では円安だろうなぁと思いつつ,テクニカル的には104円あたりが高値圏です。難点をいえば、オシレーター等が、天井圏を示唆する程度の数値をだしていなかったこと。

でも短期的にはおちるだろうと思っていました・・・短期で落ちたところを利喰えばよいものを,「儲かっているところに追加すべし」という格言を思い出し,急落中のものを追加したらこれまたきれいに反転。

今回の売買で、自分が考えていたのと矛盾したことを行っていることに気付きました。つまり、ケアレスミスという全く持って無駄なミス。

一つ一つの売買ではなく、自分の投資の全体がどうなっているのかの全体的なバランスを見る視点が抜けていたことシナリオをたてているようで、しっかりたてていなかったこと(要はどのタイミングで、どのくらいの価格になったら、損切り、利食いをおこなうかを数値化しないでやってしまったこと)が相変わらずの失敗の原因だとおもいます。もっとも大きいのは投資する金額を一気に大きくとってしまったこと。せっかくちょこちょこ稼いできたものを一気に放出してしまっているような感覚です。いつもよりもっと慎重さが必要なはずなのに・・・

今度は、テクニカルでだした価格だけでなく、タイミング、期間についても考慮しなければと思っています。


一応今回、成長はしてたかなと思えるようなこと
・一気にいくところの枚数を減らし、分割して投資したこと。(結果的には失敗の投資でしたが)

これくらいか・・・これらの失敗を糧に・・・
二度と失敗しない!!


最近の取引状況
USD/JPY・・・115.50 買 114.40 ST 
→ドル円はかなり狭い幅ボックスだったのでSTはもっと幅を取るべき

USD/JPY・・・114.50 売 現在116.50
→自動でドテン売りかましてました。116円あたりで調整されるとおもってましたが、落ちてこない。シナリオをもたずに投資した天罰でした。

AUD/JPY・・・86 売×2 85.2,85.4 PT
→ゆったりと投資できた例。こんな感じでちょこちょこやってたのに・・・

CHF/JPY・・・94 売×2  93.2 ×2 PT
→これもゆっくり利食いを行った例。というかゆっくりではないよなぁ。
でもストップロスは置きやすいところでポジションをとれていたので、
非常に楽だった。

CAD/JPY・・・104 売×2 103.2,102.75 PT
→なかなかいいトレードだったと思う。でも利幅は本当にあまりとれてない。日数も2,3日しか立ってないとは思いますが。

GBP/JPY・・・113 112.5 111×3 売 111.5 ×5 ST
→もっと強気でいきたかったけれど実は本当に落ちるか凄く心配だったトレード。心臓に悪かった割にはあまり利益には貢献しなかった気がする。
もっと理由をもとめてトレードを・・・  



posted by manaty at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 反省録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月13日

心をコントロールすること

うまくいっているときは調子に乗り、損しているときは冷静になれないですね。これをどのようにこなしていくかが大事ですよね。

今回の失敗はカナダドル円です。
指標の結果はよく、ただ金利を据え置きによる急速な下落が目立ちました。
昨日は一円ほど落ちたんですが、今日はすっかり戻してましたね。

円安になっていたこと、カナダが好調であることから、戻すことは考えられたことなんですが、耐え切れず損きりました。
今回の失敗から次に生かすこと。
それは、半端な分析しかしていないペアに手を出さないこと。
なぜならば、上記にあるように、戻す確率が高いとは思っていましたが、
分析不足で手を出していたので、自信がもてなかったこと、そして、金利据え置きによる失望売りの程度についての想定ができていなかったからです。
だからどこが自分の耐えられるラインかを想定できていなかったのです。

ちょっとうまくいっちゃうと他のペアに手を出してしまう・・・
我慢することも覚えないといけませんね

posted by manaty at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 反省録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

ディーリングのルール

ここで反省録に書いていることを破ってまたまた失敗してしまったことが
いくつかありますね。

とにかく一番重要なのは資金管理!そして
損を抑えること!!

損切り設定したところでいくら損するのか?

これだけは絶対おさえないといけないもんだと思った。
損する金額が分かればけっこう落ち着いてやれるもんだし。

あとは,急いでやらずにしっかり考えて行動してると
そこそこ結果が返ってくるのでは〜と信じて頑張ってみます。
とりあえず、目標としては毎週10%を稼ぐこと。
でも月換算すると月に45%目標。


ところで、これからの戦略としては,
@中期(1週間〜2週間)で,3円くらいまで下がっても全然平気なくらい
のレバレッジで投資する。
→多分1万通貨くらいでないと厳しいか。気にならない程度の
存在にしないとうまくいかない。(テクニカル重視)

A短期または超短期でイベントにあわせて投資する。
USDのみだけど。数時間〜一日。(センチメント、テクニカル重視)

Bクロス円で小レバレッジ(1〜3万まで)でいけそうだと思ってしまったものに投資する。(ファンダメンタル、テクニカル、センチメントをみないといけないんだろうけど・・・)


それでは、これからの判断は
(テクニカル)
◎トレンドライン
◎心理線
◎加重移動平均
◎フィボナッチ
◎ボリンジャーバンド
○フラクタル
○MACD
○ジグザグ
○一目均衡表
○スローストキヤスティクス

(ファンダメンタル)
◎景気(GDP,貿易収支,失業率,CPI,PPIなどの指標)
◎金利動向
◎インフレターゲット
○経済構造
○対外経済依存
○周辺状況
○財政
○政治情勢
○重要産業(株式状況)
○オイル等資源価格
○債券市場
○エマージング市場
○IMM

(センチメント)
◎レポート
○ニュース等

稼ぐって大変だな〜
posted by manaty at 19:22| Comment(6) | TrackBack(0) | 反省録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。