2006年06月02日

ニュージーランドドルについて

ニュージーランドは世界最大の羊肉の輸出国。酪農や農業が主な国。
でも、林産物、機械類も輸出しているそうです。

また、農業といっても最新のバイオ技術の研究がすすんでいたり、ハリウッドの映画ロケ地とした観光業も盛んであり、資産家の外国人をどんどん受け入れていたりと何気に先進的なようです。

ですが、オーストラリアと同様、ファンダメンタルが悪い。
オーストラリアよりももっと悪くて、経常収支も、貿易収支も、慢性的に赤字だし、GDPの成長率も鈍化しているといった状況です。

しかも、現在、高金利になりすぎたために、国内の輸出企業の競争力が弱まり、日本の証券会社にニュージーランドドルの売り出しをやめてくれと依頼に来たり、ニュージーランド高官が「ニュージーランドの金利は高すぎる」と発言したりと、もう売り材料のオンパレードでした。

だから、最近では一気に売られちゃってましたね。
また、売られ始めると、ニュージーランドドルは取扱量が少ないので、
流動性が悪い。
だから値が一気に落ちます・・・ああ、思い出したくない(泣)

特に、ニューヨーク時間はほとんど取引されないので、
アジア、ロンドン時間の午前でないと、スプレッドが一杯付いちゃいます。
気を付けたれたし。

なお、ニュージーランドドルの特徴は・・・
@日本人くらいしかあんまり買わないこと
→世界的にはあんまりメジャーじゃないみたい。NZD買、円売要因です。

A商品価格の影響を受ける
→農業・酪農の国ですから。CRB指数といったコモディティー指数との連動
性高いそうです。

Bオーストラリアドルとの関係性
→オーストラリアは、同じオセアニア通貨だし、コモンウェルス通貨だし、コモディティー通貨です。・・・?

つまり、地域が近くて、お国柄が近くて、商品価格に同じように影響を受けてしまう血のつながったお兄ちゃん的な存在がオーストラリアです。

貿易相手国としても、輸出輸入の20%程度のシェアを占め最大の貿易相手国です。

お兄ちゃんの豪ドルのほうが、経済も安定し(ファンダメンタルはよくないけど、相対的に)、商品でも世界的な需要のある鉄鋼、石炭などが主であるし、市場もニュージーランドよりも大きい。

これらから、AUD/NZDは基本的にはAUDが強い傾向にあるようです。






posted by manaty at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュージーランドドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。